アブハジア Visa on Arrival 2019 事前申請不要

 

 

セルゲイソ連スキーです。これまでアブハジアへ行く場合 Entery Permitを事前取得する必要があり、5日かかると言われてきました。2019年現在ある条件のもとビザオンアライバルが可能です。それはロシアから入る方法です。

 

アブハジアってどこ

アブハジアはジョージアの北西部にある未承認国家です。面積は8600平方km。兵庫県(8300)より少し大きいくらいです。

 

名前の由来

 

『アブハズ人はこの地をАҧсны(Apsny)と呼んでおり、「魂の土地(国)」という意味である[4]。また転じて「死の国(死すべき存在)」という意味もある[5]。グルジア語(ジョージア語)ではაფხაზეთი(Apkhazeti)と呼ばれており、ロシア語や日本語読みのアブハジア(Абхазия、Abkhazia)はグルジア語が由来』

アブハジア -wikipedia

魂の国、死の国ってかっこよすぎでしょ。語意的には中二病なら一度は訪れたい国です。

 

対立と紛争

 

「1931年2月19日にはスターリンによってグルジア・ソビエト社会主義共和国(グルジアSSR)に属する自治共和国(アブハズ自治ソビエト社会主義共和国)とされた。実際には自治はほとんど機能せず、グルジア化が強く進められた。アブハズ語が禁止されるとともにグルジア語が公用語として強制され、多くのアブハズ人が粛清で命を落とした。グルジア人のアブハジアへの移住も奨励された。スターリンの死後になって、アブハジアの自治は回復された。」

アブハジア -wikipedia

 

ジョージアは歴史的に仲が悪く1989年にアブハジア紛争が発生。紛争中の1992年8月14日イングリ川にかかる鉄橋を爆破。1994年の停戦後から現在は戦闘は起きていません。

1992年7月23日独立宣言を発表しましたが世界の多くの国は独立を承認していません。2008年に最初にロシアに承認されました。2019年現在アブハジアを承認している国は以下の5つの国連加盟国と、一部承認あるいは未承認国家3か国です。

  • ロシア
  • ニカラグア
  • ベネズエラ
  • ナウル
  • シリア
  • サウスオセチア
  • トランスにストリア(沿ドニエステル)
  • ナゴルノカラバフ

 

これまでの方法

旅行者にとって気になるのはアブハジアの入国方法です。これまで事前申請を行った上でジョージア側のイングリ川から入るのが一般的でした。事前申請 (Entry Permit)をアブハジア領事館にネットで行うものです。日本人で実際に行かれた方のブログによると事前申請に5日ほどかかるとのこと。

謎の未承認国家「アブハジア共和国」ビザ取得方法

 

以下のサイトは英語で分かり易く纏まっています。ロシアから入る場合もジョージアから入る場合も助けになります。私も参考にしました。

 

Abkhazia visa

visa on arrival について, It works と書かれています。

 

Abkhazia border crossings

 

事前申請無しで入る方法

やってしまえば簡単でロシア側から入ってしまうことです。ノービザにはなりませんが、Entry Permit の入手と事前印刷は不要でこれまでの方法より段違いで楽です。

ビザにスタンプは一切押されないので、その後ジョージアに行く場合も心配は不要です。

ジョージアからvisa on arrival はできるか

反対にジョージアからアブハジアについてはvisa on arrivalは無いというのが調べたところ有力です。ジョージアからvisa on arrivalで入る方法はフランス人女性が失敗したという報告があります。ジョージアからは今まで通りネットの申請を行いましょう。2019年時点での情報で失敗報告は以下です。

Abkhazia visa on arrival – Caravanistan

 

visa on arrival手順

  1. ロシアのダブルビザ、もしくはマルチビザを取得
  2. 何もせずソチからアブハジアへ行く
  3. ロシアの出国審査を受ける
  4. アブハジアの入国審査を受ける。
  5. 首都スフミの領事館へ行く
  6. ロシアへ戻る

 

実際にやってみた

実際に私がやった旅行記で実施は2019年10月です。状況によって変わる可能性があります。

 

1.ロシアのダブルビザかマルチビザを取得

これは各自行います。ここが一番厄介かもしれません。

 

2.ロシア側から国境へ行く

 

  1. 列車
  2. バス
  3. 徒歩

のいずれかでアブハジアへ行くことができます。私は宗教上の理由により1.列車を選択しました。列車は1日1往復しかありません。バスが本数が多く最も便利だと思います。ソチやアドレル発スフミ行のバス、あるいはクラスノダル、ロストフ発の長距離便もあります。徒歩だとアドレル Адлер というアブハジアに最も近いロシアの街からてくてく歩いていくことになると思います。アブハジア到着直後の街Leselidzeから、Psou (Псоу)発スフミ行あるいはノヴィアフォン行きのミニバスに乗車することができます。

 

 

3.ロシアの出国審査を受ける

 

ここは大人しく審査を受ければ問題ありません。

列車の場合、Vesyoloye Весёлое 駅に到着すると速攻で国境審査官 пограничная が乗り込んできます。出国審査官はまずビザのページを見て数次ビザであることを確認しているようでした。その後ロシアの国境審査官に人差し指の指紋をとられます。これは入国時の空港でもされたので照合できるのでしょう。さらに顔の正面と横を撮影されました。正面はともかく横顔って捕まった人かよ。

ところで同コンパにはウクライナ人50がらみの男が乗っていました。後述しますが彼は良い情報を私に与えました。彼はウクライナ東部Dovzhansk出身らしく大変なところから来たもんだ。

隣のおばさんは何故かロシアパスポート2枚、アブハジアパスポート1枚を所有していました。いったいどうなっているんだ。

 

4.アブハジアの入国審査を受ける

 

 

ここでも特に気を遣わずに言われたとおりにするだけ。

列車の場合Tsandripsh駅で車内審査を行います。アブハジア入国審査官はパスポートの最初にある顔のページをスマホで撮影します。これで終了。そんなんでいいんかい。無愛想なおやじはロシア語で何か言ってきました。スフミという地名だけは聞き取れます。同席したウクライナ人が親切なので翻訳してくれて、улица Сахарова 33 に行けとの事。これは領事館の場所です。

 

 

5.首都スフミの領事館へ行きビザを受け取る

 

首都スフミに領事館があり金を払ってビザを取得する必要があります。私は14時に行ったところ待ち時間は14分、ビザ取得は5分で終わりました。14時19分にはもう開放。事前申請もせず5分で終了とはあっけなさすぎます。

職員からの質問はツーリスト?と、ロシアビザのページを見せること、何日滞在予定かの3点のみです。職員はぶっきらぼうで基本ロシア語しかしゃべる気はありませんがそう難しい質問はありません。

 

場所

 

Сухуми, улица Сахарова 33

Sukhumi, Sakharova Street 33

 

 

営業時間

 

月曜から金曜

9時から13時、14時から18時、受付は17時までです。

14時で速攻に行ったところあまり並ばずに済みました。私が出るころには6人くらい待合所に居ました。

 

料金

 

10日ビザ 400RUR 現金 2019年10月現在

カードの端末が見えましたが使わせてはくれませんでした。ジョージアから入国した人は使えるとか一定料金以上は使えるなどの可能性はあります。

ビザは当日を含めない10日で事実上11日分あります。アブハジアビザはパスポートに貼るシールタイプではなく紙です。無くさないように注意してください。

 

6.ロシアへ戻る

 

ジョージア側へ行くと捕まるのでロシアへ戻ってください。

 

記念にビザを持ち帰りたい

めったにアブハジアへ来ることはありません。せっかくならビザを記念に持ち帰りたいですね。

しかし回収されたという報告もあり、確定的に持ち帰れるわけではないようです。回収された報告はジョージア側から入った人のものです。

 

私は親切なロシア人のファミリー7名とミニバンに同乗してアブハジアを出国したところ、アブハジアビザは回収されませんでした。ビザはマスキングテープで軽くパスポートに添付したのが良かったのかもしれません。ロシア側の国境の方がジョージア側と比較し緩いという可能性もありますが断定はできません。

 

ロシアの再入国の時、ロシア人とアブハジア人以外が来る頻度は少ないらしく、15分くらいかかりました。別室送りです。マルチビザに不備がなければ時間はかかっても入国できます。

 

 

裏技

おすすめはしませんがビザを2日くらい延長する方法があります。

おすすめではありませんが合法です。

 

入国当日に領事館に行かないという方法です。

 

5’.アブハジアのビザをすぐに受け取りにいかない

 

アブハジア入国時、無愛想なアブハジア入国審査官の言った事を全文翻訳するとこちら。

Сухуми по адресу улица Сахарова 33 нужно оформить визу, без визы вас не выпустят. →Sukhumi at 33 Sakharova Street you need to apply for a visa, you won’t be released without a visa.

you wont be released..?だと? 開放されないってどういう事やねん。

実は切符を終点スフミではなくロシアに程近い街ガグラまでしか買っていませんでした。なぜガグラまでの切符にしたかというと仮に入国拒否に会った場合切符代の無駄を最小限にするためです。スフミまで行けとなると困りました。車掌にスフミまで延長できないか一応頼んでみましたが車内延長は無理とのこと。RZDは最初に買った区間しか乗れません。

 

ここで同コンパのやたらテンションの高いウクライナ人は天啓を僕に与えました。

 

「急がなくて良い。3か5日くらいは空いても大丈夫だ。警官に職質されたらビザが無くても切符を見せておにゃおにゃおにゃと言えばいい!!!www(高いテンション)」

おにゃおにゃと言えばいいって僕はロシア語がわからないから警官に説明するのは難しいですが、要は領事館へは即日行く必要はないらしい。ウクライナ人の言葉は事実でした。即日スフミに行く義務は無いようです。

 

入国日から2日後(3日目)に領事館へ行きビザを取得したところ、領事館を訪問した日からのビザが与えられました。先述した通り実質11日分ビザですから、さらに+2日分。13日分のビザを手に入れてしまいました。

 

心配を避けて旅程を組むとしたら最初にスフミを訪れるのが良いとは思います。

 

ロシア入国ジョージア入国比較

メリットデメリットを比較します。

 

ロシア

  • メリット:何もしなくても行ける
  • デメリット:1.そもそもロシアマルチorダブルビザを取得する必要。2.ジョージアに申し訳ない。3.スタンプ帳をしている人は記録が残らない。

 

ジョージア

  • メリット:アブハジアスタンプを押してもらえる。
  • デメリット:事前申請が面倒

 

ロシア数次ビザの面倒かアブハジア事前申請の面倒のどっちを取るか。たんにアブハジアだけ行きたいという人は、これまで通りジョージアから事前申請をして入国した方が正直楽だと思います。

 

 

結論

ロシア側から入国の場合

 

  • 恐ろしいほどあっけなくアブハジアに入国できる。
  • ただしロシアの数次ビザ必須
  • パスポートにスタンプは一切押されない。ロシアの出国→アブハジアの入国→ビザ取得全て証拠は残りません。
  • 10日ビザ400RUR

 

 

アブハジアのクレジットカードが使えるかや、治安についての記事です。アブハジアではクレカショッピング可能。治安は(私の感覚では)大丈夫です。というか相当治安は良いです。(ある意味)日本よりいいかもしれない。ジョージア国境付近は知りませんが、渡航危険全域黄色は政府のいい加減さかあるいは大嘘です。滞在している安ゲストハウスは日中鍵無しで門扉を開けていました。

詳細は以下。

アブハジア 治安 通貨 カード 2019

 

アブハジア 事前申請不要 Visa on Arrival 2019 

 

この物語をシェアする

これも読んでみませんか