大宮駅お忘れ物承り所 場所/地図/保管期限/【解説】

遺失物センター / 遺失物取扱所

 

 


大宮駅、JR、東北線、京浜東北、高崎線、埼京線、などで忘れ物しちゃった人こんにちは。

NSZ山本です。

お忘れ物のご案内:JR東日本

大宮駅の遺失物管理室の場所について、こちらの公式ページで今一つ書いてくれていません。なので紹介します。

 

 

大宮駅お忘れ物承り所の場所

 

大宮駅遺失物取扱所の場所は改札外

 

大宮駅遺失物取扱所の場所は改札外です。

JR東日本コールセンターとの会話の中で「取りに行くとき電車賃がかかります」と釘を刺されます。

流石天下のJR。京成とか民鉄だとゆるかったりするんですが。(某駅体験)

 

金は払ってね。肥大な組織では融通利きません。

遺失物管理するのにも金はかかってるでしょうし、私鉄と違って青森県の人が東京駅に忘れ物した場合無賃送還したら色々まずいし仕方ないですね。

 

場所の地図

 

地図と写真で説明します。

場所は端的に言うと、

 

地図は手作りです。

 

写真でルート解説

 

中央南口からの行き方です。

西口方面へ歩いてください。

 

西口へ

ニューシャトルや鉄道博物館がある方へ向かいます。

 

改札を出たら西口方面へ歩いていきます。できればびゅうプラザ側を歩いた方が良いです。

 

階段があります。お忘れ物承り所は1階にあります。降ります。

 

西口の階段を降りた所

 

ようやく表示が出ました。

左へ行きます。

 

左手にルミネを見つつ、クーブリックのような一点透視の光景をずんずん歩いていきます。

70m程歩くと交番が見えてきて、その隣が遺失物保管所です。

 

着きました!

 

ここが入り口です。

 

 

大宮駅遺失物取扱所の保管期間は1週間

 

保管期間についてJR公式ページでは明言を避けています。

以前はどうだった、ネットで見ただああだ言われるのは避けたいでしょう。

お忘れ物のご案内:JR東日本

 

私の実体験、2019年5月現在で、

完全に1週間です。

1週間後の同じ曜日ではなく、完璧に1週間らしい。


私は5/10(金) 19:00頃埼京線に置き忘れました。

コールセンターとの会話によると保管期間は5/16(木) 20:00 までとのこと。20:00とは大宮駅遺失物取扱所の営業時間のラストです。

 

さらに

保管期限日の当日の夕方には既に、翌日警察へ送るための段ボールのようなものに、持ち主の現れなかった他の遺失物とまとめてパッキングされています。

私は保管期限ギリギリの5/16 19:45頃に受け取りに行ったところ「もうまとめちゃってるわ(要約)」とのこと。

で、ギリギリで来たよ面倒せえな(とは言え快く)みたいなノリで裏方で開けてくれます。

(保管期限夕方でも、あなたの物がそこに存在してることは存在してます。日付違いで保管期限より前に警察送りなんてことは流石にあり得ないはず。)

 

落としたらさっさと連絡して取りに行った方が良いかもですね。(あまりすぐ過ぎると、終着駅にまだ到着してない可能性もあります。)

 

 

持っていくもの

 

  • 身分証明書(免許etc)
  • コールセンターで確認が取れた場合、4桁の管理番号を言われます。

メモしておくとスムーズです。

 

 

コールセンターにかけるタイミング

 

公式ページによると、

「【電話が混み合う時間帯】

現在、お問合せが非常に多く、大変混雑しております。ご迷惑をおかけいたしており、誠に申し訳ございません。

土曜日、日曜日、月曜日は特に混み合っております。

火曜日~金曜日の午前中は比較的つながりやすくなっております。」

お忘れ物のご案内:JR東日本

 

>JR東日本お問い合わせセンター(お忘れ物)

>電話番号 050-2016-16016:00~24:00)

とのことなので朝イチで。

 

火曜日のAM6時30分にかけてみたところ一瞬でつながりました。

コールセンターの待ち音楽を聞くのはかなり人生の無駄なので、平日朝6時に起きて、下らない事に時間を費やさないという手も良いかもしれません。

そこまで急がなくても良いというならこの手段はアリです。

旅行中、出張中など急ぎだったらそうも行きません。普段の通勤ルートで忘れたとかなら良い手だと思います。

 

 

コールセンター以外

 

または、各忘れ物承り所に直接電話して見るのも良いです。リンク先に主要駅の電話番号が載っています

お忘れ物のご案内:JR東日本

駅員に聞いて調べてもらうのも良いと思います。人員削減で改札窓口の人は大体忙しそうですがね。

 

 

おわりに

 

私がたまたまそうだっただけかもしれませんが、

遺失物係の人は再任用らしき人たちで、笑顔を義務付けられている接客業系の方々ではなく、元国鉄感がどこか滲み出る方々でした。逆にそこが良いね。

(駅と時間にもよる)

 

 

おまけ

置き忘れたものブツは登山靴でした

登山靴の減った靴底を交換修理する方法・値段

 

 

 

 

取材2019年5月

この物語をシェアする

これも読んでみませんか