ティンダ駅 シャワー 荷物保管 市内バス 見どころ 2019

 

どうもセルゲイ=ソ連スキーです。この名前がデファクト化しつつあるので、もうこの名前で行きます。

 

ティンダ。

記事にする意味あるのかってくらいニッチすぎです。誰が行くんだこんなところと言いたいところです。

そうはいってもBAM鉄道 (БАМ鉄道)とヤクート鉄道の交点であり、列車の分割併結やバカ停があります。

日本で言えば新津的な存在かもしれない。案外利用する人もいらっしゃるんじゃないかと思います。

 

当ブログにふさわしいのであえて記事にします。

特徴的な尖塔がティンダらしいですね。線路側から見ると尖塔がもっと目立ちます。

ティンダは2017年に訪問し今回2019年が2回目です。個人的に思い入れがある駅です。

 

荷物保管

Baggage Storage

160RUR

 

駅の外側に入り口があります。写真中央にあるドアから入ります。

 

預ける時には、自宅の住所も台帳に記入します。ウーリッツァと言われても日本は道路に名前が付いてるんじゃなくて土地に名前が付いてるんですが細かいことはいいでしょう。

もうひとつ、どの列車に乗って去るのかも聞かれます。

私は深夜1時のネリュングリ行でした。営業は夜中もやってるようです。

 

バカ停で時間が余りまくってトリテトゥしたい人にはお勧めです。ただあんまり撮影に良いスポットは無いか、遠いです。

 

シャワー

Shower room.

15min

190RUR

有料待合室の中にあります。15分って短いと思うんですが、どうしようもないですね。値段がいい値段なだけあって利用者は少ないですから綺麗です。

 

ティンダ駅有料待合室の入り口。

営業してるのか全く分からないレベルですがやっています。これやってるように見える?ロシアだからねまあ..  2019年8月はティンダ駅内装改装中で表示が消えてたんだと思います。工事が終わったら戻るはずです。

 

ティンダ駅に限らず、RZDで夜行列車連泊しすぎたときは、有料待合室のシャワーを使ってみてください。

多少差はあっても価格は大差ないと思います。

 

営業時間

 

休憩時間以外は営業してます。

перерыв = break,休憩時間

число 偶数 13-14時

нечетное 奇数 14-15時

ночное время 深夜休み 3時から5時

 

どんだけ営業してんだ。RZDよ。大して利用者もいないだろうに

 

バス

27ルーブル

 

ティンダ駅を出て斜め左方向にバス停があります。

ティンダは歩いて行けるレベルの大きさの市街地ですが、多少楽をしたい場合はバスに乗るのがいいでしょう。

ただ、ティンダで見どころと言えば、銅像が6つくらいある程度です。僕はこういう何もない街が好きです。

 

 

バスの路線図

 

正確には маршрут という小さいバスです。

駅前には、5番、8T番、135番が来ます。

 

5番バス。鉄道駅-アヴトスタンツィア―街中をぐるぐる回ってます。

右のж.д. Вокзал  がRZDの駅です。

方角は左が北です。

 

左が8T系統、右下のж.д. Вокзал  がRZDの駅です。

右が8系統で、駅へは来ません。

方角は左が北です。

 

左から、1番、3番、4番

 

135番は路線図はないですが Восточный というティンダ西方の村に行くバスです。

 

終バス

ティンダの終バスは路線にもよりますが18時から20時くらいに終わってしまうので、注意してください。

はやすぎる。

 

見どころ

ティンダには大した見どころは無いです。僕はこうした見どころのない街が好きなんですけどね。

銅像や記念塔が6つくらいある程度です。うち目を引く2つを紹介します。

 

 

Pamyatnik Stroitelyam Bama Памятник строителям БАМа

共産みあふれる彫像ですね。

 

直訳すると「BAMの建築者の記念碑」だそう。開拓者の碑みたいなものですね。

 

 

Pamyatnik Tyndiytsam, Pogibshim V Lokal’nykh Voynakh

Памятник тындийцам, погибшим в локальных войнах

という記念塔です。

直訳するとこうなります。

 

ずっと謎なんですが、

ロシアでたまに記念塔の前に中学生くらいの子供が行進して交代で突っ立っているのがあるんですが、なんなんですかね。

聞いたけど、ロシア語聞き取れなかったです。

詳しい人いたら情報求む(twitterで)

 

ロシアの大したことない田舎町、ぜひ寄ってみてください。

 

Тында Tynda , RZhD

 

 

この物語をシェアする

これも読んでみませんか