鴻巣市 蒸気機関車 C11 322 静態保存車

 

2020.06.11 (Jun.11)

 

鴻巣に行く機会があった時免許センター通りを走っていたらSLが居た。狙っていったわけじゃないんですけどね。

免停になったわけじゃないよ

 

 

場所は埼玉県の免許センターがあるところのすぐ近く。せせらぎ公園という。公園には無料の駐車場があり立ち寄りやすい。

せせらぎ公園(埼玉県鴻巣市) | 埼玉なび

 

 

新緑の中。

 

塗装の状態は良い。それはもうRZDの駅に飾ってあるやつ並に保存状態は良い。鴻巣市の都市計画課のお陰かもしれない。レールがピッカピカに塗ってあるのが気になる。

 

 

 

2020年は雨ばっかりだったけどこの時だけ晴れた。

 

 

C11 32号機のあらまし。

要約するとS43年にご臨終、S45年に??第一公園(字が潰れて読めないが行田市か?)に展示、H12からこの”せせらぎ公園”に展示。

 

 

全文:

製造 昭和21年 

製造会社 日本車輌株式会社

重量 水・石炭を積んだとき 65L 空のとき 55t

この機関車は新製後 高崎第一機間区に配属され、戦後、荒廃した日本の復興 に群馬県・栃木県等に伸びている国鉄口-カル線を走り、人員輸送と貨物輸送に当たった。その後,神奈川県の浜川崎機閥区に移籍され、横浜線等を貨物専用機関車として 活躍し、昭和 36 年国鉄大宮工場に入換用機関車として配属され、以来、大宮工場内で修繕用車両の入出場車のけん引と、無動力車両の構内試運転用として、持 てる力量を十分発揮した。

国鉄が昭和43年 10月SL廃止方針を決定すると同時に火を落し、昭和45 年1月29日から ??? 1号公園に展示され、その後平成12 年5月より修復に入り、同年8 月28日より当「せせらぎ公園」に展示したものです。

鴻巣市都市整備部 都市計画課 公園係

 

 

 

おわり

 

参考:

SL展示のある公園|埼玉県の公園 | 埼玉なび

 

 

この物語をシェアする

これも読んでみませんか