エレバンのトロリーバス

 

写真を片付けていたらエレバンのトロリーバスがやたら出てきたので載せてみる。

エレバンのトロバスが気に入ってしまってやたら撮影していた。

 

2020年2月9日と10日

 

渋いやつら

 

一番好みのデザインで好みの色。

汚れた雪を撒き散らしながら走ってくるのは雪国感がある。すばらしい

 

Škoda 14Tr — Википедия

シュコダ4Trという車種で、1980-2004年に生産された。

 

内部はシンプル

 

ところでエレバンのトロバスは1回乗って約50ドラム=30円だからお手軽だ。全5系統。路線図はWikipediaにある。全路線乗車してしまった(暇人)。

エレバンのメトロは100ドラム(0.4EURくらい) トロリーバスだけは何故か半額でやすい。

もちろん均一運賃制なので、端から端まで1時間乗っても30円で済む。エレバンはいいぞ。

Public Transport in Yerevan

 

 

14Tr みどりくん。つぎはぎだれけでボロイい。

これは黄色のフォグランプがついている。

 

ルノー PR100というトロリーバス。

Renault PR100 – Wikipedia

 

エレバンの中では少数派だが走っている。僕はミーハーなのでフランスといわれるとうわーかっけーってなってしまう。キュービックっぽい斜め窓がある

1971–1999に製造。13500台以上が製造されたとのこと。

 

 

アルメニア語がいけてる。

 

客は結構乗っている。

今日もこんな感じでいつも通り走っているんですかねえ。

 

しつこく撮りまくってたら、運転士のおじさんが手をふっていた。

(2日くらい撮ってた気がする。暇だったから。)

 

 

こんな味のあるバスが走っているのがエレバンです。

 

 

ほか

 

 

ЛиАЗ-5280 — Википедия

ほかにもリアズ 5280という比較的新しいトロリーバスもいる。というかこいつが主力で60パーセントくらいはこいつがくる。

リキンスキーバスプラントというモスクワのバスメーカーのもの。Лиазのロゴが見える。

 

ほとんどの車体は内燃とは別だからかナンバーが無いんだけど、上のようにたまにキリル文字がついている。ただしこの形式は2005から2012年の製造なので、ファッションナンバープレートだとは思う。ソビエトが好きなんだろうか。

 

 

リアズ5380ブルー。多数はさっきのライトグリーンで、青塗装はレアなやつ

 

 

 

最後に得体の知れないトロバスがいた。国防総省ぴよちゃんのマークを誇らしく掲げている。

だが何者なんだろうか…

 

 

遺体

ウクライナ(Rivne)では現役で生きているというショコダTr9。エレバンでは流石に現役を退いていた。

車両基地の奥のほうに見えたので、ダメ元で番をしているおじいさんに頼んだらとらせてくれた。

 

 

うーん渋い。

 

これも読んでみませんか