サラバット トラム ササラ 2022【ロシア】

 

Salavat tramway Report 2022 

–Салаватский трамвай

 

バシコルトスタンにある工業都市、サラバットにトラムがあるようなので行ってきた。

地方の工業地帯にくっついた小都市なので、平日朝夕しか走らない瀕死のトラムかと思ったら、ロシアでもまれにみる利便性の高い運転間隔で土日も平日と同様に走ってくる。

1路線しかないものの、ロシアでこのレベルの便利さは本当にあり得ないので、ぜひ訪問して欲しい。

 

訪問 2022/02/19と20

 

時刻表

 

サラバットのトラムは時刻表がないが、平日土日ともに7~10分おきに確実に来る。平均だと8分おきくらい。ほんとに確実に来るから。(あまりにも驚いたので繰り返す)

 

路線図

 

北の終点OAO GPNHSはGP(ガスプロム)の工場の最寄り駅。

南の終点оао салаватстекло はガラス工場の最寄りの駅。

Салаватстекло — Крупнейший производитель стекла в России

 

工場労働者用の路線ではよくあるトラムが休日や昼間ほぼ走らないということはなく、終日8~10分程度待てば来る。

北の方は工場だけでなくダーチャ街があり、多くはないが日中でも人が乗っている。おそらく居住者か。

ウーリッツァ・ボグダナ・ヘメリニツコゴ~レニングラードツカヤ・ウーリッツァは市場(リノック)~共産団地の区間で日中でも立ち客が出ない程度にかなり乗っている。

 

 

キロ数が謎

 

サラバットトラムの不可解な点はキロ数だ。Wikipediaで各言語ごとに全部違う(まぁWikipediaだしな笑)。ロシア語ではいつもトラムの線路の距離でなく全系統を足しているっぽいので全く当てにならない盛り盛りなので仕方ないが、他の言語がバラバラなのはどうなん

始発駅から終点までyandexMapの自動車ルート検索すると11kmなので、回転線やカーブを含めたらウクライナ語の13kmが正しいと思われる。

 

 

廃線について

 

OAO GPNHS(北の終点)からさらに奥のНСТЭЦ まで走っていたよう。廃止時期は不明。航空写真で跡が見れる。 

OAO GPNHSから北へ1.7km、西へ900m位の地点。

※この廃線跡を望遠で飛ばして撮ろうとしたら偶然通りかかったロスグヴァルディアにもしもしされた。来んなよ!

 

 

 

車両

 

朝8:58~10:10まで同じ撮影地に居てその時点で出庫している全10車両を撮影出来た。72分/10で7.2分おきに来ている。朝なので少し頻度が多いと思う。

 

KTM5 71-605

 

71-605А

早起きしていったらいい感じのが撮れた。

場所はレニングラードツカヤ ウーリッツァ駅の少し南。

029 1990年製

 

 

71-605 (КТМ-5М3)

004 1988年製

電柱がおしゃれなデザインでいいね。

 

71-605 (КТМ-5М3)

001 1988年製

71-605Aと71-605の違いが僕にはわからない。ソ連トラムはみんな同じに見えるよ(調べた結果分かりませんでした!(調べてない)(IDSK))

 

 

71-608КМ

 

71-608KM

バシコルトスタンの民族っぽい模様なのかな?

042 1999年製

 

71-608KM

050 2000年製 意外と新しい

 

 

ササラ

 

2日目、ホテルチェックアウト12時まで粘り、バスタで切符を買ってから車庫近くを散歩していたら大変なものが出動してきた。

博物館を健常一般観光客として訪問しようと思っていたのを返上し、強風吹きすさぶ中へワイも出動。

 

Oh my fxxx

 

 

№ ГС-4

 

ガッツリ本線営業しているロシア除雪車を撮れて満足。

モスクワササラも良かったが、それは回転線だったので..

 

モスクワ 新年・クリスマス イルミネーショントラム 2022 +ササラ撮影

 

 

事業用車

 

こちらは1日目に撮影。

 

BC 1988年製

Салават, ВТК-24 № ВС — Фото — Городской электротранспорт

ポイントの部分の雪を風で吹き飛ばす車両。これもササラの一種?なのかもしれない。

 

こんな感じでポイントのところの雪を丁寧に吹き飛ばす。(何だこの写真?)

 

 

失態

 

後ろの黄色い奴。№ ВВ-1

まだ止まってるだろうと油断してたら消えていった。居るときに即撮らないと事業車はほんと駄目ですね。反省した。

 

 

運賃

 

25P : 現金、タッチ決済同額

車掌(コンダクター)が常にいる。

 

 

安定運行の秘訣(勝手に考察)

 

序盤で「8分おきに確実に来る」と僕は賞賛したが下記が寄与していると思う。

(究極的には’自治体がやる気ある’ということだろうけど。)

 

全て専用軌道

道路と交差するところ除き、全て専用軌道

 

トラム用の信号

ロシアでこんなもんがついてるトラム都市は今まで筆者はほかに見たことない。(ウスチイリムスクにあった気が少しする。確実に唯一というわけではないが珍しい)

 

 

 

参考

 

UrbanRail.Net > Europe > Russia > Salavat Tram

 

Trams running are reduced when covid started. 2022 when I visited, already back to normal.

コビッドが始まった2020年に、運転本数削減したらしいが、2022年2月訪問時には元に戻っていた。(むしろウファより本数が多く、運転間隔が一定で信頼できる。)

Внимание, расписание движения трамваев!

 

 

Добро пожаловать в наши гостиницы

 

 

この物語をシェアする

これも読んでみませんか