祝ニジニベスチャ旅客開業 ヤクーツク乗車記 2019

 

セルゲイ=ソ連スキーです。

 

祝ニジニベンチャツク旅客開業。

2019年7月末からニジニベンチャツクへの旅客列車が走るようになりました。おめでとうございます!

ヤクーツクまで陸路で簡単に行けるようにまりました。

 

これまでヤクート鉄道旅客はトンモトまでしか走っていませんでした。

2017年にトンモトまで一度行っているんですがその時は冬のロシア国鉄を体験しました。

 

Is Tommot town empty? Amur–Yakutsk Mainline Russia

 

あれから2年。開業記念でヤクーツクまで行ってみました。

 

今回はティンダから始めます。

 

ティンダ駅 シャワー 荷物保管 市内バス 見どころ 2019

ティンダ Тында は鉄道的には重要な交差点ですが、街自体は小さな田舎町です。見所は銅像しかありませんが、個人的に好きな街です。

 

ハバロフスク  Хабаровск 始発の325Ж列車。

ティンダ0時58発、ネリュングリ730着。乗車時間は6時間32分。くそねむいです。

短時間の乗車なので座席を選びました。

しかしこの座席車両、何の嫌がらせなのか座席の肘おきが畳めない仕様で、横たわることができませんでした。椅子の質は陳腐です。SovGav行の座席はふかふかでしたが、それと比べると325Ж座席はダメです。

今回は短時間なので我慢しましたが、ハバロフスクから乗るなら高くてもプラツカルテを選んだ方が良いでしょう。

 

ネリュングリで乗り換えます。

 

324Й が入線してきました。祝ニジニベンチャツク開業ラッピングの付いた機関車が走っています。

 

この路線延伸はロシア国鉄としても重要な出来事だったようで、機関車のラッピングだけでなく、この先も祝開業のような表示を見かけました。

 

謎の多い機関車

 

ヤクート鉄道ネリュングリ以北で使われているこの車両、謎が多いです。

 

https://twitter.com/NsaYamamoto/status/1169951341004959744

前は四角顔なのに、その後はボンネット型。微妙にダサい。かなりダサいぞ。

 

ベースはТЭ10Мで間違いないんですが、2ТЭ10МПGE ? というらしくそもそもラテン文字とキリル文字が混在してて謎。

加えて謎なのは北行も南行も、運転台がある側が前を向いていること。プッシュプルでもないですし、ロシアはバカでかいので回転線路があるのかもしれません。

 

追記:

貴重な情報を頂きました。

GEの改造、カザフスタンからの移籍とのこと。

2ТЭ10В — Википедия

 

 

客車

 

サボはRZDの通常ではなくて、ここの特別の絵付きのサボです。

9月4日乗車時の時刻はネリュングリ9時20分発。ニジニベストヤックス駅6時1分着。

9月21日執筆時点では時刻改正して5時2分着になっています。

 

トンモート Томмот やアルダン Алданでバカ停があります。後述しますがこのタイミングで旧券を発行できます。

 

車窓

 

車窓はどうしようもないくらい木しか生えていません。タイガを無限に見続けることができます。寝るか本でも読んでればいいです。

 

たまに駅に停車しますが乗降ゼロ人の駅の方が多いです。プレハブのような駅ばかりです。

 

ネリュングリから10時間。TOMMOT到着。ここで1時間35分のバカ停です。

久しぶりトンモート。前回2017年は冬かつここ終着駅だったので客は少なかったです。今回は夏で客は多く、トンモトの特徴的な建物は人気があって多くの人は写真を撮ります。

 

新規開業区間

 

トンモート発車。ここからが新規開業区間です。トンモートを出ると数分でアルダン川(p.Aldan)を渡ります。

 

トンモート駅以北は駅が少なく、1時間に1駅しか停まりません。トンモート以南も同様でしたが途中駅で乗降する人なんてまず見かけませんでした。しかし駅員はきちんと配置しており、発車時にはどの駅でも丸い赤いマークを手に掲げた駅員が居ました。

秘境駅マニアの人は途中駅で降りてみたら間違いなく駅員や車掌に怪訝な顔をされるでしょう。

 

 

ネリュングリから20時間40分でニジニベステャクに到着します。列車で来れて感動です。実の所ウスーリスクからコムソモルスクナアムール経由、ティンダ経由で乗りっぱなしだったので5日くらい列車に乗っていました。死にそうです。

 

駅はこんな感じ。列車は2日に1往復しか来ませんが、でかいです。

 

駅2階には写真が展示しています。ヤクーツクへ行く時は乗継時間が少なく見づらいですが、帰りのティンダ方面へ戻る時は余裕をもって見学できます。

駅前にはここを力走した歴史の無さそうなSLが展示しています。

 

 

バス

 

鉄道はここまで。ここからはバスとフェリーでヤクーツクに向かいます。ニジニベンチャツクからニジニベンチャツク船乗場までバス。それと船がセットでRZDで販売しています。

 

ニジニベステヤックの街にはバスの数が足りていないようです。客が多い場合は通学バスを動員していました。

客が少ないときは白いバスのみです。

 

バスは港に向かって走ります。乗車時間は30分くらい。バスの横には祝開業が貼ってあります。

 

 

途中踏切を渡る際、バス車窓右手にマガダン延伸!という看板があります。浦和美園から岩槻延伸みたいなノリで2000kmを言われても。と思いますがロシアの事なので実際にやってしまいそう。

 

ここからレナ川を渡るのですが、最高にエモいです。

橋をかけて対岸同士の都市と都市を結べば時間のロスが減ります。効率的なトラック輸送は経済の発展に重要な役割があるでしょうが、渡し船はエモさでは圧倒的に上です。

 

レナ川 Лека は頻繁に船が行き来しています。ヤクーツクは大都市ですが南下するためには対岸に行く必要があります。レナ川に架かる橋は、ヤクーツク周辺には全然ありません。

 

トラックや乗用車を乗せた船。車を乗せる部分を小さな船が押しているかわいい船。

レナ川は古い時代がまるっきりそのまま残っています。写真では伝わりきらないので、この渡し船区間は本当におすすめです。ジブリです。ジブリにこんな映画あった記憶はないけどジブリです。旅行期間がカツカツだからと言ってニジニベンチャツク即折返ししたらもったいなすぎます。

 

岸辺に放棄され放置された船がいくつもあります。色は歳月を感じさせます。

 

対岸の船着場に1時間強で到着。列車がニジニベステャク駅に到着してから乗り換えも含めて2時間強でヤクーツクの港に到着できます。この船着き場はデイズ二一ランドの本物版っぽいです。

 

 

冬はここは凍結してしまうので見れません。氷の上を車で走るのもそれはそれで見てみたいので今度は冬かなあ。

 

 

ニジニベンチャツク→ヤクーツク移動価格

 

Nizhny Bestyakh Нижний Бестях 駅→港へのバス+Нижний Бестях→Якутск の船セットで250RUR 

RZDで販売してくれるので移動は簡単です。RZD公式ウェブで購入できます。

 

webチケットは簡単に出ます。以下は旧券興味がある方、ウェブチケットは嫌だ、どうしても旧券が欲しいんだという人向け。

 

旧券

 

鉄道

 

アルダン、トンモート、ニジニベステャク駅は旧券を発行します。Webチケットを旧券化するのには、上記3駅とも

147RURかかります。

 

ティンダやネリュングリは新券です。

 

 

 

ネリュングリからヤクーツクまで直通でネット購入できます。あえてニジニベステャクまでの切符を買って、船の部分は現地調達するという手があります。そうすると船バージョン旧券が出ます。列車以外なのでバスやフェリー用の

青色バージョン旧券が発行できます。

 

ニジニベンチャツクの青口を覗いたところ、青券でも少し見た目が違うのが置いてありました。これは私は発行していません。誰かチャレンジしてみてください。乗換時間少ないけど、早目に列車の出口に行けば帰ると思います。

 

RZD 消えゆく旧式ホロ付き乗車券【チケット近代化】

 

補充券

 

ヤクーツクからニジニベンチャツクへ行く場合。帰宅時です。

事前にヤクーツクからニジニベステャクまでの券を買わずに、船に乗ることができます。これはニジニベステヤク発の列車乗車後に、車内清算します。

車内精算であなたには特典が待っています。補充券です。

正確には領収書なのかな?いずれにしてもRZD手書き補充券はレアです。安定して読めないロシア語筆記体。

 

なんでこんな券が出るかと言うと、ヤクーツク発の場合、船は水上タクシー会社に委託しています。水上タクシー会社のヤクーツク船乗り場のチケット窓口は朝9時から営業です。営業時間以前に端末は無いでしょうしRZDの券は出せないだろうと思います。

 

ニジニベンチャツク側の船乗場に到着時、船→バスに乗り換える時RZDの職員の一人が居て券をチェックし、乗船券無しの客を名簿で控えます。ニジニベンチャツク発列車発車後、車掌が来るので250RUR払います。15分から30分くらい待っていると車掌が補充券をくれます。

 

気になる人は手に入れてみてください。

 

おわりに

 

ハバロフスクからヤクーツクまで約60時間、ネリュングリからヤクーツクまで約22時間。例えばウラジオストクからヤクーツクまで、ヤク―ティア航空なら3時間10分です。時間コストを考えたら列車は全く悪い選択肢です。

それでも、時間はかかってもヤクーツクまで鉄道と船で行くのは魅力的な体験です。ぜひ一度。

 

РЖД RZD RZhD

Якутск Yakutsk Nizhny Bestyakh Нижний Бестях

Neryungri Нерюнгри Алдан aldan

Lena River   

 

この物語をシェアする

これも読んでみませんか